工場、倉庫の暑さ対策はこれで解決!! 「涼しい」顔して新登場 BLUE CUBE 「涼しさ・節約」どっちも叶える Freria07

BLUE CUBE Freria07 選ばれる3つのポイント

暑い!電気代が高い!臭い! 3つの「困った」を全て解消します!

工場・倉庫の暑さ対策でこんなことにお悩みではありませんか?

工場・倉庫内の局所的な冷却には小型気化式冷風機 Freria07 がオススメです!

工場内の一区画だけ冷却したい場合には最適

消費電力88%カットでコスト84%ダウン! 1ヶ月で13,400円もお得

お問い合わせ・資料請求は無料です お気軽にご相談ください 059-373-4490 メールは24時間受付中 無料のお問い合わせ・資料請求はこちら

他にもこんなお悩みも・・・

工場・倉庫全体の冷却や換気には気化式・冷却交換ユニット BLUE CUBE がオススメです!

採用前(換気扇だけで換気している状態)室内温度38℃ 採用後(ブルーキューブと換気扇を併用)室内温度30℃

吹き出し温度の目安(℃) 冷却効果を期待できます!!

さらに! BLUE CUBEは、コスト面でもあきらめません!!

電力の消費効率 約5倍 ランニングコスト 約1/4

ほかにもBLUECUBEは、抜群の換気性能陽圧電気システムを持ち冷却の必要がない冬場の乾燥する場所でも換気・加湿器として使用することができ、湿度が低く換気されにくい、インフルエンザが繁殖する恰好の環境を一掃する事ができます!

採用前(換気扇だけで換気している状態)室内温度38℃ 採用後(ブルーキューブと換気扇を併用)室内温度30℃

一般的な換気扇は、陰圧換気といい外へ吹き出す換気方式のため室内換気回数は1時間に1〜2回程度しか入れ替える事ができません。

BULECUBEは、陽圧換気といい空気を外へ押し出す仕組みのため室内換気回数としてなんと1時間に25回も新鮮な空気と入れ替える事が可能!!

BLUE CUBE Freria07 選ばれる3つのポイント

point 1 エコロジー

自然エネルギーを利用した気化冷却 涼風の秘密は打ち水効果!

自然エネルギーを利用した気化冷却

体が雨などでぬれている状態で風にあたると、体が乾いている時よりも寒く感じたことはありませんか?
これは、水が蒸発するときには熱が必要となり、その熱を接触しているものから奪うために起こる現象です。
ブルーキューブとフレリアは、この特性(水の気化現象)を上手に利用し、「水と少ない電力だけで、暑い外気を心地よい冷風に変える」
エコロジーでエコノミーな気化式冷風換気ユニットなのです。

温かい空気は水膜に覆われたクーリングパッドを通過する際に気化熱として温度を奪われ涼風となって送り出されます。
※コンプレッサーは使用しないため、排熱がありません。
電力の消費効率 約5倍

クーリングパッドを空気が通過すると熱が奪われ冷風に

エアコンとは違いコンプレッサー不要! 空気を冷やすために必要なのは水、そしてファンモータとポンプを動かすための電力だけ!

point 2 エコノミー

ランニングコストの大幅な削減

BLUE CUBE

ランニングコスト約1/4

電力の消費効率が良いブルーキューブは、冷却能力が同等の産業用エアコンを使用したときと比べ、
ランニングコストを約1/4と、大幅に削減することができます。

冷却能力が同レベルの一般的な産業用エアコンとのランニングコスト比較 1ヶ月あたり19,030円もお得に!

計算条件
  • ・機種 / BLUECUBE18
  • ・周波数 / 60Hz
  • ・吸込み空気 / 温度35%、相対湿度50%
  • ・BLUECUBE18 吹出し空気
  • ・BLUECUBE18 COP(エネルギー消費効率) / 15.2
  • ・パッケージエアコン COP(エネルギー消費効率) /3.2
  • ・運転時間 / 9時間x25日 = 225時間
  • ・電気料金 / 22円/kWh
  • ・水道料金 / 225円/m3

Freria07

消費電力88%カットでコスト84%ダウン

1ヶ月で13,400円もお得

計算条件
  • ・周波数 / 60Hz
  • ・吸込み空気 / 温度33℃ 相対湿度50%
  • ・フレリア吹出し空気 / 温度26℃ 相対湿度50%
  • ・フレリア COP(エネルギー消費効率) / 2.2
  • ・スポットエアコン COP(エネルギー消費効率) / 2.2
  • ・運転時間 / 9時間x25日 = 225時間
  • ・電気料金 / 22円/kWh
  • ・水道料金 / 225円/m3

point 3 抗菌・防臭Ag+

銀イオンにより吹出す風をクリーンに保つ

「銀イオン」の力で菌の増殖を抑え、吹き出す風をクリーンに保ちます!

「銀イオン」の力で菌の増殖を抑え、吹き出す風をクリーンに保ちます!

BLUE CUBE Freria07 製品の特徴

メンテナンスは一年に一度
貯水タンクに組み込まれた水質維持材の銀イオン効果により,雑菌(レジオネラ菌を含む)やバクテリアの繁殖を抑え,嫌な臭いの発生も防ぎます。
また,クーリングパッドやエアフィルタを定期的に清掃することで,ブルーキューブをいつまでも快適にご使用いただけます。
涼しさプラス空気の洗浄
室内に供給される空気のほとんどが、プルーキューブ内のクーリングパッドを通るため、常に空気が洗浄されている状態です。また、標準装備のエアフィルタにより、吸込んだ空気中の粉塵などを取り除きます。オプションで目的に合った特殊機能フィルタを選択することも可能です。
夏以外でも使用可能
一般的に使用されている気化熱式送風機は冬期聞(気温が下がり水が蒸発しなくなるため本来の使用方法ではなく)送風機としてしか使用できないというケースがあリますが、熱交換器メーカーである当社は、排熱などの無駄になっているエネルギーを排熱回収システムと組み合わせることによリ、冬期間も利用可能にします。

お問い合わせ・資料請求は無料です お気軽にご相談ください 059-373-4490 メールは24時間受付中 無料のお問い合わせ・資料請求はこちら

実際にご利用頂いた方の事例を紹介いたします!

CASE1 オートバイレース(鈴鹿8時間耐久レースなど)Freria07 を導入することでライダーは程よい冷風で極力体力を奪われずに体を冷却できる

このレースは毎年7月末に行われ世界一大きなレースイベントと言われているが外気温度35℃路面温度60℃というライダーにとっても世界一過酷なレースとも言われている。

この環境で1時間づつライダーは交代で2~3名で走行するが交代時の休憩でどれだけ消耗した体力を回復させるかが重要あった。

FRERIAを導入することでライダーは程よい冷風で極力体力を奪われずに体を冷却できるので好評である。

マシンをサポートするメカニック+スタッフも35℃の中で集中力を維持して正確な作業を熟していかないとレースではよい成績を残せない1チーム20名以上のメカニック、スタッフの耐久力を維持するのにもとても役立っており好評です。

スポットクーラーでは排熱が出ること電力が大きいことから限られた電気事情で採用しづらい。

このような条件でエコなFRERIAはうってつけな存在となっている。

程よい冷風(25℃)で体力の消耗を最小限に

スポットクーラーのような過激な冷風(14℃)では体力を奪われながらの冷却となるが知らず知らず体が消耗していくこの装置はそれがなく程よい冷風(25℃)で体力の消耗を最小限に抑てくれながら冷やしてくれて次の走行に備えられる。

ライダー:O選手

後ろから排熱が出ないのでピット内が全然暑くならない

風量も強くスポットクーラーと違い、後ろから排熱が出ないのでピット内が全然暑くならない!
また、消費電力が少ないのでピット内の電源を取る量が少ないので電力問題も解消と良い事ずくしでした!
クルーの為に・・ピット内の電源確保のために・・・横のピットへの熱排気問題の為にも・・・(笑)
是非、お勧めします!

ライダー:S選手

CASE2 Freria07 を導入することで入居者の風邪発生を抑制できた

入居者である老人は冬場に風邪をひくことが命を左右する大きなリスクとなるが、Freriaを導入することで冷風機ではなく加湿器の機能として問題を改善できた。

これは湿度を30%から50%に上昇させ、インフルエンザウイルスが生存できない環境とすることで入居者の風邪発生を抑制できた。

小さなランニングコストで大きな加湿効果が可能な本機は有効である。

CASE3 BLUE CUBE 導入で作業環境は激変!

過去経緯として、エアコン空調を採用したが工場内の発熱設備が空調設備の冷却能力に対し過多であり冷房効果がなかった。

BULECUBE導入により換気回数を増やすこととなり(6回/1時間⇒35回/1時間)1.7分に一回の空気入れ替えをいう条件になり大きな発熱設備があってもその熱はBULECUBEの吸気換気により外部へ排熱されていくので室内は熱が滞留しないので供給される冷風で満たされる。

結果、室内は温度45℃/湿度50%⇒温度28℃/湿度70%となり作業環境は激変して好評になる。

お問い合わせ・資料請求は無料です お気軽にご相談ください 059-373-4490 メールは24時間受付中 無料のお問い合わせ・資料請求はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください!

どちらの製品群に興味がありますか?(複数選択可)

いつ頃のご導入をお考えでしょうか?

お問い合わせ内容をお教えください

名前 (必須)
会社名 (必須)
部署名
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
お問い合わせ内容

個人情報の取り扱いについてはこちら